忍者ブログ
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
行人
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/03/10
職業:
学生
趣味:
音楽鑑賞
自己紹介:
黒と白の間。しかし、灰とは言えない…。
最新記事
(11/13)
(10/02)
(10/02)
(10/01)
OK!
(10/01)
最新コメント
(07/15)
(12/19)
(12/17)
(09/03)
(05/30)
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

突っ走る。

嗚呼、何かそんな気分。
ブログを書きたくなるような時。

それは日常的に行われるものではない。

気分と調子。

カラオケがあるからだろうか?

…。

多分この感情は感情の放出への初期段階か。

いや、それはいい。

むしろ、今日の憂鬱を綴りたい。

それは日常。大したことのない日記としての役割としてしか果たさないのだが…。


まず、皆にチョコをあげている女子がいたのだが、俺だけもらえなかった。
悲しきかな。仕方ないと思い憂鬱に授業を過ごす。

推薦入試等があるので3時間授業でバスへ。

混んでいて、少し憂鬱。まだ、この時までは良かった。

席へつくと俺はちょっとリラックス。隣には友達のカップル。。。見慣れた光景。ここまでは許そう。

…。

1年が何か皆チョコもらっているらしいじゃないか。俺は親からしかもらったコトがないのに。

酷い劣等感の中で彼等は"あのチョコまずっ…"と呟く。この発言にムッときたが関係ないのでスルー。

しかし、何個ももらっているような発言と本日の皆の行動、そしてカップル。

一人…。孤独に生きている俺は酷い憂鬱を覚えた。今に始まった話では無いが、この光景が長々しく続くのは悲惨なものだ。

憂鬱に呑まれず俺は生きているのだが…。

(完[謎])
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
全俺が泣いた
つむじ 2007.02.14[Wed]22:02:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]