忍者ブログ
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
行人
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/03/10
職業:
学生
趣味:
音楽鑑賞
自己紹介:
黒と白の間。しかし、灰とは言えない…。
最新記事
(11/13)
(10/02)
(10/02)
(10/01)
OK!
(10/01)
最新コメント
(07/15)
(12/19)
(12/17)
(09/03)
(05/30)
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RSD、遂にセグメントBへ。
構成に少し時間かかりましたが、無事リスト出来て良かったです。


-チームリスト-


ねずみさんチーム:クロ、Ixe、つむじ

おうしさんチーム:トイレ-水鏡-、紫氷、ギル

とらさんチーム:アルス、虚無、カズ

うさぎさんチーム:刻詠、名も無き風、エーレア

TEAM Dragon:月牙、てらちま@早椰、鳳肉

TEAM Snake:翠川KEN、神宮、タイラント

おうまさんチーム:行人、まりん、サルヴァドル

おひつじさんチーム:越智雪乃@Br、kami



セグメントA 第一回使用デッキ


使用デッキ:フラバーン


開始早々一回目に使ったフラバーンです。。

運営者だから実際あまり勝ってはいけないはずなのに3位を取ってしまったこのデッキ。

フラ+バーン

まず、基本スタイルはバーンみたいなロックな訳です。

そして、フラ一撃必殺のパーツが揃うまでは膠着を維持し、ハリケーン→フラ召還→効果発動→融合モンに巨大化→勝利という、嫌な形の1KILLです。

逆に、1KILLが失敗した場合等はロックで身を護り、バーンで焼く事も可です。

しかし、天敵はメビ、ブレイカー、お触れ、宣告、ショッカー、魔法効果の矢等ロック撃退カードです。

裏守備で結構モンスターも出すので、裏守備モンスターを破壊する、抹殺の使徒、シールドクラッシュ、ミスティックソードマン LV2等も苦手となります。

そして、ロックカードが来ない可能性もありますので、そこはプレイングや引きでカバーするしかありません。

最悪、1KILLカードとバーンカードが中途半端に揃って負ける可能性もあります。

しかし、この相手にとって戦いにくく、尚且つ常に1KILLの恐怖に曝されるフラバーンは脅威と言えるデッキの一つでしょう。



セグメントA 第二回使用デッキ


使用デッキ:ACS(Advantage Control Standard)



二回目はACSです。一応RSDでは二度目の3位でした(笑)

そして、ACSは私が自分で作ったオリジナルです。ACSの核のAC(Advantage Control)結構前から出来てましたよー。
しかし、AC(アロマコントロール)と名前が被るのと、イマイチ知名度が上がらないなー、と。

今回ACSの脅威でもみせてやる!との事で、使うと3位まで。

出る時に、微調整したんですよ。当日までサイド弄ってなかったんですけど、1戦目前に宣告型にして(笑)

ウイルス嫌いだからメインお触れでw バーン対策も出来てるd

弱点はガジェかなー、と。核のデッキ攻撃力が劣るし、ガジェのように円滑に回すと言えないのがゴブゾン><

一戦目ガジェ当たった辰は 行き成りかーっ!って感じでした…。

正直、負ける確立は充分あったと思います。

あと、ACSのサポート系カード。

サイバー・ドラゴンや、魔術師系。

サイバー・ドラゴン等はATKが高いので殴りとか、メビとかの生贄に。


しかし、そういうシステムにすると、死デッキで乙な状況が生まれる。


というコトで、魔術師系で、低ATK(効果系)での攻めも用意。サイドラみたいに、殴れませんが 効果な分、サイドラより強い部分はあります。
効果後は生贄にも出来るので。

そして、そのサポート系の中に核のゴブゾンが! いざとなれば死霊ももってこれるぞ!(笑)

あと、隠れサポートで入ってるクリッターが地味に強い><

下級サポをサーチ出来たり、ゴブゾンを呼べたりと。

あ、閃光とか、除外には滅法弱いです…なのでメビツインズを…。

お触れ発動できずに、宣告で消されたら成す術無いな…多分デッキ切れ位しか狙え無いか…。


つまり、ACSは二重構造の攻め+防衛の中にガジェみたいな動きを持つゴブゾンを組み合わせたデッキです。

そして、スタンダード調にしてあるので 基本的に使い難いと言う事もなく、事故率も低いと言う、地味に攻めるにはもってこいのデッキです(笑)

ただし、一戦一戦の時間がかなりかかるのでマッチをやる方には疲労が待っているかも知れません(汗)



三回目は人数の都合上、運営に回りましたので、出てません><



セグメントA 第四回使用デッキ


使用デッキ:理論上最強デッキ(スタンダード)


三回目は出れなかったので、四回目と。

正直このデッキと、ACSが語りたくてこのコーナー(?)を作りました。特に名前からして痛い、このデッキ(笑)

取り合えず、相手のデッキ内容を読んで嫌うようなカードをスタン調に纏めたデッキです。

そして、軽くバーン対策にお触れ1枚と。メインで入れれなかったカードはサイドに投入しました。

と言う訳で、読んで相手の裏をかくデッキ=理論上最強デッキ

という定義にしてみた。そこまでかっこよくないからいい名前とか無いかな…。まぁ、それはまた今度で。

因みに順位は2位でしたー。



セグメントA 第五回使用デッキ


使用デッキ:サイカリバー


五回目のデッキ…二回戦落ちでした。

やはり、守護系カードが少なかったからかな?あと、殆どがATK1500以上の構成だったので死デッキで乙現象も。。。

そして、負けた時も死デッキでした><

宣告やお触れで防ぎきれない…。

少し調整が必要かなー。と思いました。ソーサラーを増やした方がいいのかな?やっぱ…。

とはいえ、ドリルロイドは強いから外したくない(笑い)



こんな感じですが…ロック+1KILL→スタン調→スタンダード→ビートと使った訳です。

Bはまた、違うデッキで行くので対戦する人は宜しく!!
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]